讃岐遍路・完結

初めてのカブ遍路のときに、87番長尾寺から88番大窪寺へ至る道が光に包まれたように見えた、と書いたけど、西日が道路に当たって実際光っていたのもあったんですが、四国四県、87ヶ所を参ってきたという思いが、その光を感傷的にさせたように思います。 今回の場合、空は鉛色だし、実は地元高知の35番札所の清滝寺をまだ打ってないこともあってか、さほど感傷的になることもなく、淡々と走行。 清…

続きを読む

讃岐遍路Part・5

朝。 テントを出ると、空はどんよりしています。 朝飯を食って、撤収作業を終える頃にはとうとう雨が降り出してきました。それも小雨ではなく本格的な雨。でも予報では昼ごろには上がるとのこと。 カッパを着て、リヤキャリアの荷物にビニールシートを被せて出発です。二晩お世話になった砂浜ともお別れ。 カブの雨天走行も、なかなかオツなものです。1時間ほど走って高松市内…

続きを読む

讃岐遍路Part・4

標高500mほどの五色台を登る。 はるか前方にSR400のようなシルエットのバイクが見えていて、追いつきたい・・・と、スピードを乗せて、コーナーをいくつか抜けたけれど、到底追いつけず、そのバイクはやがて視界から消えてしまいました。 長い時間、カブでひた走っていると、退屈になる時があるのよね。なので、前方にバイクなど発見すると、ついアクセルを開け気味になる。仮に追いついたところ…

続きを読む

讃岐遍路.part 3

疲労もかなりたまってきたので、今日のお遍路はこれで終了。今日1日で12箇所、打ち終えた。高知から香川への移動も含めて、この数だから、極めて順調。 そうなると、次はお約束の寝る場所探し・・・・の前に、前回のお遍路でも、くつろがせてもらった坂出市府中にある城山温泉に行って汗を流した。食堂で讃岐うどんを食べ、6時過ぎに温泉を出る。 香川は野宿場所探しが、なかなか大変だ。…

続きを読む

讃岐遍路 part2

次は、71番弥谷寺へ向かう。 本山寺からは北へ15kmほどか。R11を使ってマイペースで移動。 弥谷寺といえば、霊山の名高い弥谷山にあるお寺。1回目のお遍路のときにも書いた記憶があるけど、ここは相変わらず不気味な霊気を感じる。駐車場ひとつとっても、一見ただの駐車場なんだけど、何か妙な雰囲気を感じる。霊感とかないはずなんだけどなあ。 それはともかく、階段の多さにへ…

続きを読む

讃岐遍路part1

もう随分前からだけど、年を重ねるごとに、どうも「四国愛」とでもいうような感情が湧き起こってきていて、まだ自分が知らない四国のどこかへ、もっと行ってみたいという願望が大きくなってます。マイカーで行けるような場所でまだ行ってないところもたくさんあるけど、一番、四国という土地を体で味わえる場所というと、たぶんやっぱり四国山地の真っ只中に違いないと個人的に思うから、そうなると、もうオフ車を手に入れて、車…

続きを読む

阿波遍路 part.3

午前6時過ぎ、起床。 まだ太陽は出てないけどまずまず明るい。 トイレに行きついでに道の駅内を少々散策。 ふと、階段の上のほうに目をやると、こんな建物が建っていた。 洋館。 見るや、「第九の里」とはなんだ?という、ゆうべの疑問がぶり返してきたので、説明看板を探して、ちと拝見。 「ドイツとバンドーと第九」 この地は第一次世…

続きを読む

阿波遍路 part.2

ちゃんと徳島市街に向かってるのかなーと思ってると、いつの間にかR192に合流。同時に目の前に郵政カブを発見。時間的にも本社へ帰還中であろう、ならば、このカブは徳島市街地へ向かっているのだと決めつけて、後をついていくことにした。辺りはすでに夜の帳が下りようとしている。 やがて、徳島市街とおぼしき場所に到着すると、右向こう100mほど離れた場所に異様な数の人の群れを確認。さらにテレビで…

続きを読む

阿波遍路part・1

8月某日(ちなみに2010年です)、高知市から70kmほど走った、徳島は三加茂(徳島市から5~60kmほど西)の、とある神社のベンチで横になって休憩している。時刻は午後二時前。雲が出てるので暑さはそれほどでもない。今回は徳島遍路。徳島の札所もこの旅で打ち終わりになる予定。 いまさらながら、徳島のこんな場所までカブで来ているという事実にまたもや困惑する。まじかよ?みたいな。2…

続きを読む

伊予遍路part5

うむ、もう暑いぞ。午前8時前だというに、まったくおそろしい。死ぬるんとちゃうか。 R196を海沿いにずーっと南下。 本当なら右手に広がる海を楽しみながらの走行となるはずが、殆ど取れなかった昨日の疲れが感受、思考、といった受動的脳作用というものを完膚なきまでに粉砕。なんにも考えずに、ただひたすら走った。 北条に入り、道が何やらわからなくなり、あれ、ここ県道だっけ?国道だっ…

続きを読む

伊予遍路part4

何とはなしに、R317を西向いて流す。太陽がまぶしい。 換えたチューブも異常はなさそう。でも、もう予備はない。こいつに穴が開いたら最後だ。予備のチューブを手に入れたいところだけど、カブのチューブなんてバイク屋かバイク用品店しかないだろう。愛媛のバイク用品店となると松山しかないんじゃないのか?今治にもあるのかもしれないけど、知らないし、何だか疲労と暑さのせいか、おっくうで調べる気にもなら…

続きを読む

伊予遍路 part3

涼しかった横峰寺の山から酷暑の下界へ戻り、R11をデデーっと西に向いて走る。次は今治方面。 何か、おかしいな・・・どんどん山のほうへ向かっているじゃないか。今治は海の町、山に向かうはずがない。脇に止めて、地図を確認。R11じゃねえや・・R196に入らないといけなかったんだ。このまま進めば山を越えて松山へ着いてしまう。幸い傷は浅く、田んぼの中を縦横無尽に走る県道や農道を通って目的の方向に…

続きを読む

伊予遍路・part2

朝だ!徹夜だ!じゃなくて、いい天気だ!体調悪い!体調が悪いな。まだ風邪が完全に治ってないようだ。 朝日が照る前の、涼しい時間に目が覚めた。犬の散歩をしてる人がチラホラいる。興味なさげなフリして横目でチラチラとコチラを見ている。どっから来たんだろう?とか思うのが比較的多いと思うけど、高知だからね。「なんだ」って思う人のほうが多いだろうな。それとも、こんなところでテント張りやがってとか思わ…

続きを読む

伊予遍路・part1

道端歩いてると、たまにカブに乗ってるおねーちゃんを見かけることがありますよね。その20歳前後とおぼしき、うら若いおねーちゃんがカブのシフトペダルをぎこちなくガチャガチャやってるのを見ると、何だか微笑ましくてうれしくなってしまうカブヘンラーの私です。でもおばちゃんカブは別。普通にシフトチェンジ上手いから。風防&ハンドルカバー装着したカブ乗ってる歴戦のオババのチェンジワークなんか、それこそケニー・ロ…

続きを読む

カブ遍路・(窪川続編)

今後の予定は北へ。 四万十川上流に沿って走る県道19号をR197梼原街道にぶち当たるまで行く(約40kmほど)。これを走りきったら、四万十川のほぼ全流を見たことになる。源流点にも行ったし。少し嬉しい気もした。そのあとは東向いて帰る。 初めて走る県道19号は新鮮ではあったけど、見るものといえばコレ、山と川と田んぼ。まさに日本の原風景。そんなの毎日見てる。で、道路コンディショ…

続きを読む

カブ遍路・2巡目 (窪川編)

(註・ブログ大怠けです。これ、今年の4月の話です) 去年の12月以来の遍路ツー。寒いのはやはり辛い。暑いのは我慢できても(でも最近の暑さは我慢してたらヤバイ感じになってるような・・)寒いのはどうにもならん。 で、ちーとは我慢できるような気温になってきたところで、今回は1泊2日の野宿遍路を計画しました。愛媛に行こうかと思ったのだけど、気が変わって高知西部の未打ちの札所を打ってしまお…

続きを読む