峠散歩と黒船賞


明確な目的地がある場合を除いて、WRと9R、どちらで遊ぼうか?なんていう、考えてみれば贅沢な逡巡を毎度ガレージの前でやっておりましてね。


今日はスパッとキリよく終われる9Rの峠散歩へと向かうことにしました。前回がただのクルージングになってしまったので、そのモヤモヤも吹き飛ばしたいですし。


IMG_1004.JPG



いつものコーナー。


何度も書いてますが、随分身体をインに入れてるように感じる。セルフステアを引き出そうとしたら、自然に身体が入る。そうしてもフロント周りの変な感じはやっぱり拭えないけど、もう無理に格闘するよりも、それを割り切って折り合いをつけるのでいいのかもしれない。


すべてを満足させるバイクなんてそうあるもんでもないし、あったとしても、それはそれで飽きるのも早いような気もする。



立ち上がりでフロントが浮き上がりそうになる感覚にニンマリしたら、峠茶屋で一服。

IMG_1003.JPG



あー、すっきりした。



帰宅して、車でお出かけ。

どうせ仕事だろ、と諦めてたんですけど、なぜか休みになり、そんじゃ行かねば、ということで、高知競馬、黒船賞レポ。

IMG_1005.jpg



まあ、レポってほどのものでもない、雑感ですけど。


毎年3月に行われるJRA交流戦の黒船賞と大晦日の県知事賞は、高知競馬の二大レース。お祭り気分で楽しめるので、開催日が近づいてくると、やっぱりわくわくします。


でもって、昨今、人気爆発の高知競馬なので、今回の黒船賞は相当な観客数になるのではと予想してたら、開門直前で200mはありそうな行列。こんなの見たことない。平日だというのに。



黒船賞パドック。


高知競馬の現エース、12番スペルマロン。結果は7着と大方の予想通りになりましたが、善戦といっていいでしょうね。

IMG_1020.jpg



2017年の同レース優勝馬、2番ブラゾンドゥリス。単勝1点で当てた思い出深い馬。今は高知所属馬になりました。当時より力が落ちたとはいえ、今回の単勝オッズが190倍とは・・・・シビアな世界やで。

IMG_1022.jpg



川崎競馬の4番ヴァケーション騎乗は高知の宮川ジョッキー。高知トップクラスの騎手ですが、何といっても、落馬事故で片目を失明しても尚活躍を続ける不屈の騎手です。

IMG_1024.jpg



一昨年の同レース優勝馬、1番サクセスエナジー(JRA)。真っ黒なうえにデカイから迫力が凄いです。元気よく、どしどしと歩いて、まさしく「闊歩する」という言葉が似合います。結果は5着で今ひとつでしたが、展開かなー。

IMG_1021.jpg



ブラゾンドゥリスの紹介画像で、背後におわしますが、日本競馬界のレジェンドジョッキー、武豊騎手と3番グリム(JRA)。今回の黒船賞も、たくさんの観客が来てますが、確実に動員に影響を与えてるでしょうね。高知なんて田舎では中々、お目にかかれない大スターですし。だって・・・あのオグリキャップとかディープインパクトで伝説作ってきた騎手ですもん。

IMG_1023.jpg



まあでも、ほんと絵になってるし、オーラあったわ。

グリムも強い馬ですが、故障により、1年以上の休養からの復帰でしたが、4着とまずまず。このレースでちょっと叩いてみて、って感じですかね。




今回のレースで、個人的に一番見たかったのが、この大井競馬所属の8番モジアナフレイバー。この馬が高知に遠征してくるなんて思いもつかなかったし、出馬表見て「え?!」と声出して驚いたもんす。生え抜きの地方馬ながら、JRAの実力馬と好勝負ができる稀な存在です。で、黒船賞って1400mのレースなんですけど、この馬、ただの1度もこの距離のレースを走ったことがないんですよね。にもかかわらず、初めてのコースで初めての距離で3着はお見事。このメンバーなら、勝っても全然おかしくないという声もあったみたいですが。。。


IMG_1027.JPG



何にしても、けっこうファンだったもんだから、この馬が見れたのは良い思い出になりました。



そして、2021年黒船賞は11番テイエムサウスダン(JRA)+ピンクのオジさん騎手がぶっちぎりで、かっさらっていきました。岩田康誠騎手、これで5回目の黒船賞制覇。勝因は「風になれたから」だそうです。

IMG_1019.JPG



とりあえず今年も馬券圏内はJRA勢が独占の堅いレースになりました。



この日の高知競馬の売得金が16億2188万2700円。

1日の売上げレコードだそうです。この日だけでなく、今年に入ってから、何度かレコードが出てたので、本当に絶好調ですね。どん底期の累積赤字(80億円以上)をペイできたのかどうかわかりませんが、他場とは違う一手をこれからも創り出していってほしいものです。


yyryryt 012.JPG



あ、僕の馬券は今回、高知馬の応援馬券を軸に小額買ったので大外れでございました。



この記事へのコメント

  • 南行

    >WRと9R、どちらで遊ぼうか・・・贅沢な逡巡を・・・

    これ、本当に贅沢な逡巡なんだよね、慣れで忘れがちだけど。
    そんでもって、オンロードもオフロードも流せる所が近場にあるなんて、天国でっせ。

    >他場とは違う一手をこれからも・・・・・

    その高知競馬も、関係者一同が今こそ天国よと噛み締めているんでしょうね。
    ・・・・・・・・・・・・・・
    大外れで丁度宜しいかと、禍福は糾える縄の如しなぁんて云いますしぃ。
    2021年03月21日 18:59
  • ぬし

    >これ、本当に贅沢な逡巡なんだよね、慣れで忘れがちだけど。
    そんでもって、オンロードもオフロードも流せる所が近場にあるなんて、天国でっせ。

    ほんとですよね

    本州の人のオフ動画なんか見てると、良い場所あるなあ、なんて思うんだけど、こちらも負けてないことに意外に気づかなかったりしてオフロードに関しては生きてるうちに遊び尽くせなさそうなくらい、たくさん遊べる場所が四国の山にはありそうです


    >その高知競馬も、関係者一同が今こそ天国よと噛み締めているんでしょうね。


    貧乏県の財政に寄与できるようになったあとは、謙虚に運営していってほしいですね


    公営ギャンブルなんだから、一番いいのはほんとに小額でいいから、たくさんの人が、たまに遊びにくる、って感覚が理想だと思います。それで勝っても負けても損得じゃなくて「遊んだ」と思って帰れるような。なかなか、むつかしいところだとは思いますが
    2021年03月22日 21:31