川窪芥川林道はなかなか良い


タイヤレバー買ったんですけどね。

バイク用タイヤレバーは確か、5本持ってて、うち2本はWRの車載工具に採用したから、じゃあ2本また買わないといけないな、とか思って。ちがう?


ガレージドットコムってところが扱ってる商品で2本で1680円。安い。

このメーカー?最近知って、製品を色々見たら、どれもアホみたいに安い。おもしろそうなものがあったら、また買ってみたいスね。

IMG_0875.JPG



で、このタイヤレバー、梨地肌だけど、KTCのと比べて先端の薄い部分が長い。

と、いうことは硬くて隙間の少ないタイヤの時なんかはやりやすくなるかな、と思ったのと、柄がKTCのより長く、入力も軽くなるので、良いかもということで、購入。1本あたり、KTCの1/3くらいの価格になるのかな。とにかく安いです。

IMG_0882.JPG


比較画像ですが、左のKTCが少し傾いてしまいましたけど、間違いなくKTCよりも薄い部分が長めです。薄けりゃいいってもんでもないので、実際使ってみないと良否は判断できませんが、そう遠くない日にWRがタイヤ交換になりそうなので、その時が楽しみです。

ナンカン・スポーティアック相手だと、ひん曲がりそうですね。さすがのKTCはナンカンに勝ったけど、こいつはどうだろ。


今日の休みも晴天なので、WRで林道に向かいます。

目的地はさめうらダム付近の国道439号を西へ10kmほど進んだところから、少し北の山の中にある川窪芥川林道。


IMG_0939.JPG



IMG_0940.JPG



県道6号に合流後、舗装路ながら、非常に険しい山道を道なりに6kmほど北上して、入り口に到着。

IMG_0942.JPG



フラットな箇所も多く、やや石が多目ですが、かなり走りやすい印象。

IMG_0945.JPG


終点の看板を見つけて喜ぶ。


IMG_0947.JPG


正味、途中にいくつか分岐があり、その都度、勘で進んできたので、合ってるのかどうか、少し不安でした。

終点の看板を過ぎて間もなく、ロングストレートに遭遇。

ちょっくら、全開です。

IMG_0948.JPG


全開したら、あっという間に終わった、と思ったら、突然眺望が開けて、「うわー、やったー!」と声を出しながらストップ。

IMG_0951.JPG



知らない間にかなりの高所まで来ていたようです、抜群の眺め。

IMG_0952.JPG



画像中央奥、西日本最高峰の石鎚山がくっきり。

IMG_0950.JPG



瓶ヶ森系の山々も一番奥に見えてます。

IMG_0949.JPG


ツーリングマップルには眺望のことは特に書かれてないので、期待してなかっただけに、この絶景は良いプレゼントになりました。

地元の人が伐採して見えるようにしてくれたんですかねえ。観光で来るような場所でもなさそうだけど、どうなんでしょう、とにかく林道も6kmほどで短いながらも爽快だったし、この景色を見れたのもラッキーだったりで、来た甲斐がありました。


このまま、山を下りて、国道194号を目指します。

うんざりするような下りが終わる頃、看板を発見。

IMG_0953.JPG



ザ・ふるさと!


すばらしい。


看板は手書きに限るな。小さい「現在地」の下に何故か大きく、同じ「現在地」。


「おまえ、現在地がちっさ過ぎるじゃいか!一番大事なところやに一番小そう書いてどうすらあ?!」

「あ、そうか、どうしよう、白で上塗りして書き直そうか」

「もう、ええわや、みともない。すぐ下にでっこう書いちょけ!」


みたいなやりとりが推察されましたが、違いますかね。

とりあえず、男が書いたな、この絵は。


前記事の雪光山の登山案内看板などは、地元の小中学生の女の子が書いたような感じですが、こういうのはやっぱり女の子のほうが向いてそうですね。

ojojo.jpg

             (雪光山・案内板)


何がすごいって、ザ・ふるさとのほうは、道の形もできるだけ忠実に描いてるけど、雪光山のほうは、そもそも忠実に描きようがないとはいえ、完全なアドリブなのに、ここまでほっこりする出来に仕上げちゃうってのがね。脱帽です。

それにしても、看板右上に「昔の土俵」と書いてあり、明治大正の頃は山頂に土俵があったらしいけど、この山を山頂まで登って相撲取る体力なんか残ってるのか?


それはともかく、どちらも同じ手書き看板。やっぱり温もりが感じられます。



帰還。

IMG_0955.JPG



またひとつ新しい林道を走れた。

小技の練習をしようと思うんだけど、そんな暇と体力があるなら、もっと林道を走りに行きたいという気持ちが勝ってしまう。




しかし、今回の林道もなかなか遠かった。


次回はちょっと東寄りのポイントを狙ってみよう。







この記事へのコメント

  • 南行

    >どれもアホみたいに安い・・・・

    このレバーは国内業者扱いみたいですが、価格の究極は中華直送なんでしょうねぇ。
    私も急ぎで無いものは、中華直送品を買ったりします。

    んで、車載レバーの他に常備品としてゲットですか、わかるワカル。 でも、モノによっては片付け、仕舞い忘れするんだよね。

    案内看板、イイよね、私も見とれること多し。 情報共有の有り難さに加えて、画いた人の心にまで近づけるのが楽しいです。
    この心の温度が高まると、案内板を自作するように成るんでしょうね。
    お互いにリスペクト在りで、複数看板が並立してたりします。
    2021年02月23日 23:25
  • ぬし


    >私も急ぎで無いものは、中華直送品を買ったりします。

    先日のグリップヒーターがそうでしたね

    このレバーも、使い勝手がよければ、ブランド工具メーカーは大変な脅威になりますねえ

    ハンドツール、欲しいのはあるけど、現状、事足り過ぎてるわ、出番は少ないわで買うのを控えてましたが、今回は安さと形状に惹かれたので、ポチりました


    >案内看板、イイよね、私も見とれること多し。 

    製作背景が感じ取れるような看板は、見てて楽しいですよねツッコミどころも多かったりするし

    この看板もそうですが、9Rだけでは見れなかった景色がたくさん見れてるし、いいバイクライフが送れてますまあでも、浮かれずに気を引き締めて乗りたいですね。乗りたくても疲れてるような時は自粛するのも肝要かと存じますが、「乗りたい」が勝っちゃうんだよなあ
    2021年02月24日 21:35