煙友庵

アクセスカウンタ

zoom RSS 小粋

<<   作成日時 : 2018/06/10 14:41   >>

トラックバック 0 / コメント 2

先日、ちょっとマイナーなメーカーのライディングパンツをネット買いしまして、到着した箱をガサゴソと検品していたら、ポトッと何かが落ちました。


見ると、バレンティーノ・ロッシのキーホルダーです。


へえ。


ライディングギアなどをネット買いすることはほぼないので、オマケがついてるのが普通なのかは知りませんし、商品ページにも特にオマケがつくとは書いてなく、これはつまり販売店の心遣いだと思われますが、


「このライディングパンツを履いて、バレンティーノ・ロッシのようにバイクを楽しんでください」

というメッセージが込められているようで、嬉しくなったのです。


ステッカーなどのオマケは割と聞きますが、安くても7、800円くらいはしそうなクオリティのキーホルダーを、決して高くはないパンツを買っただけで、オマケしてくれるなんて実に小粋なものを感じました。



話変わって、こないだ、「ヒッティング・ジ・エイペックス」っていう、motoGPドキュメント映画のDVDを借りて観たんですけどね。なかなかおもしろかったです。

画像


ロッシ、ストーナー、ロレンソ、ペドロサ、マルケスといったトップライダー達のキャリアや因縁を絡めてシーズンを追っていくドキュメント風味の内容はエンターテインメントとしても秀逸です。


この作中、ロッシがNSR500に乗っていた頃の映像で、そのライディングフォームを「オールドスタイル」と紹介していたのが印象的でした。ロッシはそのオールドスタイルから脱皮して、現在の主流である、スゴイを通り越してエグイの領域までいっちゃってるフォームを確立したわけで、あとに続くライダーも現在のトレンドの中で鎬を削っています。


                 (オールドスタイル)


画像



画像





                 (トレンド)

画像



画像



より速く、を目指した結果が、今んとこ、コレということで、これについては元ヤマハワークスライダーさんのブログなど読みますと、マシン開発が間違った方向に進んでいるから、こんな無理やりなフォームになる、という意見もあるようですし、まあ、そう言われればそんな気がしないでもないですが、僕なんかには到底、理解できる話じゃありません。



ただやっぱり、見ていて美しいと感じるのは、いわゆるオールドスタイルなんですけどね。


画像




オールドということで、とことんオールドしてみたら、WGP500cc初代チャンピオンはイギリスのレスリー・グラハムさん。名前くらいしか知りません。

画像



今年は誰がチャンピオンになるんでしょうかねえ。マルケスが相変わらず強いですが、現在ランキング2位につけてるロッシにチャンピオンを獲ってもらいたい。相手に不足はないし、若くて超強力なマルケスをやっつけて、花道を飾ってほしいなあ、とか数年前から思ってるのに、2020年まで契約更新!イチローかよ。


ロッシの熱狂的ファンというほどではないですけど、motoGPライダーの中では一番好きですし、目の前でタイトル獲得の瞬間を見せてくれましたしね。

                        (2008年茂木)
画像



特別な思いは確かにあります。


画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
記事題のパンツが披露されてませんが、、、ハズレだったんですかぁ。
季節的に、メッシュパンツでしょうか。

そのケニーロバーツのオールドスタイルが街乗りにはベストですね。 乗ってる本人も周りのギャラリーも一番安心出来ます。

>見ていて美しいと感じる・・・・・・

同意、同意、大同意。

品質は別ですが、ロッシグッズって高価なんだよねぇ。
南行
2018/06/11 10:42
ちょっと履いただけで、乗って試してはないのでレビューは次回の走行までおあずけですというても、ライトな走行用に買ったプロテクター付きのデニパンですので、少々はずれでも良いです

>そのケニーロバーツのオールドスタイル

この年はマシンで苦闘していたといわれてますが、そうは思えないくらい、きれいなフォームですね、感じ入って貼ってしまいました

ぬし
2018/06/12 20:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
小粋 煙友庵/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる